猫の去勢 値段はいくら?掛かった費用と獣医さんからのアドバイス集

猫の去勢 値段はいくら?掛かった費用と獣医さんからのアドバイス集

こんにちは管理人もこです。もこ
我が家の子猫みぃちゃん氏が、昨日去勢手術を受けました。

去勢の時期はいつ?痛いの??どのくらい費用が掛かるのかなど

実体験を元に獣医さんからのアドバイスも交えて紹介していきます。

それでは猫の去勢手術に…ウォッチン♪


Sponsored Links  

【費用はいくらかかるの?】

 
猫ちゃんの体調のことも去ることながら、現実的な問題としてはお値段…

手術費用の相場は飼い主としては隅に置いておけない関心事の一つになると思います。

普段の餌代やトイレ砂を買うお金もバカになりませんが去勢手術となればまとまったお金は必要になります。

予めどのくらい必要かを知っていれば安心できますし計画も立てやすいのではないでしょうか。

それでは前置きはこのぐらいして、今回の手術で実際にいくら掛かったのかをご紹介していきます。
 

■検査


血液検査 :8000円
レントゲン:2000円
消費税  : 800円
小計   :10800円

 

■手術


麻酔、手術:15000円
術後検査 :5000円
消費税  :1600円
小計   :21600円

 

■その他


カーラー保証金:2000円
(返却時に返金)
 

合計:34400円

となりました。

※ペット保険に加入している方なら負担金は更に少なくて済みます。

 

【去勢はするべき?いつから?】

 
さて、お金の事がわかったところで次に気になるのは去勢の時期。

それと、そもそも痛い思いをさせてまで去勢をするべきかという点ですね。

まず、去勢をするべきかどうかという事に関してですが、

筆者の意見を言わせて頂けるなら…

「絶対にした方が良い」

です。

理由はいろいろありますが去勢をしないとマーキングと呼ばれる縄張り主張をしだします。

猫用のお部屋が有ったり、外飼いの子なら気にならないかもしれませんが、

人間と共有スペースで飼っている子はちょっと(いやかなり)気になります。

 
マーキングは、尻尾を上に上げてブルブルブルっと小刻みに震えて行います。

そしてくっさぁ~い霧をお尻から噴射して縄張りを主張します。

これが始まるのが生後7ヶ月~8ヶ月以降なので、去勢はこの頃に勧められます。

 
逆に生後6ヶ月未満の場合は、去勢は早いからダメと獣医さんに止められます。

その理由は、身体が小さく体力も無いので手術に耐えられないから。なのだそう。

 
【去勢可能期間】
生後:7か月からが推奨
(早くても6ヶ月以上)

 

去勢手術では全身麻酔もしますので、アレルギーやショック症状が出てしまう可能性も考慮してのことでしょう。

 

【手術って痛いの?術後のケアは?】

 

麻酔を掛けますので、手術中は痛くありません。

麻酔が切れてくると少々痛みはあると思いますが、うずくまるほどの痛みではないようです。

術後は病院によってすぐに自宅に連れて帰れる場合と病院で一晩過ごす場合とがありますが、

 
お世話になっている獣医さんでは、

 
「以前すぐに連れて帰って麻酔がまだ切れてない時に階段から落っこちた子がいた」
 

とのことで検査もしながら一晩、様子見の為にお預かりを基本としているようでした。

 
すぐに連れて帰って容態が急変しないか心配ですし、お薬や消毒などを施術してもらえるので

お預けでよかったなと思います。でも飼い主さんの気持ち次第でどちらでも問題はないそうです。

 
術後は、傷口を舐めて化膿させないようにカーラーと呼ばれるものを首に巻いて4日ほど過ごします。

これをすると首の周りが締め付けられて痒くなるらしく、首周辺を掻いて上げると喜びます。

猫の去勢手術後

傷口には一応絆創膏代わりのテープが貼られるそうですが無ければないでも問題ないんだとか。

(ウチの子は暴れてテープを貼らせてもらえなかったから、なしで帰ってきました^^;)

 
帰宅初日は普段よりもゆっくり歩いたり、高いところに上る時に踏み外したりと

運動能力が少し低下していたようなので、お水を飲むのを手伝ってあげたり階段はなるべく抱っこをして運んだりと介護をするようにお世話してあげました。

慣れないカーラーがドアに引っかかって通れない…ってこともしばしば。
 
カーラー引っかかる2
 
カーラー引っかかる

 
また傷口が治るまではお風呂やシャワーは浴びれませんので体の匂いが気になる場合は、

少し冷ました蒸しタオルなどで体を拭いてあげると良いみたいです。

 
[蒸しタオルのつくり方] 1、タオルを水で濡らします。
2、電子レンジに入れて10秒ほど温めます
3、電子レンジから出して温度調整(熱すぎる場合は冷ます)

※傷口はデリケートな部分なので触れないように注意が必要です。

 

【オスとメスとの違い】

 
今回はみぃちゃん(♂)の去勢手術を前提とした説明になっていますが、

メスの場合は少し状況が変わってきますので、違いをまとめておきます。

 
■施術と完治までの期間■

我が家のみぃちゃんはオスなので、

去勢手術は睾丸摘出となり、袋に1センチほどメスを入れて完了。

縫わなくても4日ほどで傷はふさがるのだそう。

 
メスの場合は卵巣摘出となるので、お腹にメスを入れてもちろん縫います。

治るまでには1週間~10日ほど掛かり抜糸をして完了です。

 
■手術の値段・その他費用■

手術費用は縫ったり抜糸をする必要がある分でメスの方が割高になるそうです。

大体+5000円~10000円ぐらいと想定して置いてくださいとのことなので、

メスの去勢には大凡40000円ぐらい掛かると想定して置けば間違いないと思います。

病院の施術によって料金は変わりますし、ペット保険に入っていれば割安になりますので

一概にこの値段が絶対とは限りませんので、お世話になる獣医さんに相談してみましょう。
 
去勢手術

 

【まとめ】

もこ
今回は「猫の去勢 値段はいくら?掛かった費用と獣医さんからのアドバイス集」というテーマについて解説しましたがいかがでしたでしょうか。
 
手術の後の傷口をみていると痛々しくて

「去勢しない方が良かったんじゃないか…」

とも思ってしまう今日この頃ですが、発情して寝不足になったり

部屋のあちこちに臭いを付けて歩かれるのは流石に辛いので仕方ありませんね。

 
また、発情を覚えてしまうと去勢した後も夜鳴きが止まらなかったり

突然暴れだして興奮冷めやらなくなってしまうので1歳になる前に

一緒に過ごすパートナーとして去勢手術は受けさせた方がいいそうです。
 
なでられると喜ぶ
 
ちなみに余談ですが、去勢をすると人間では感じ取れない”匂い”が変わるらしく、

うちのわんこくんは「え!?誰お前!?こっちくるなぁぁ!!」とビクビクしていました。

犬は人間の1万倍の匂いを嗅ぎ分ける事が出来るそうなので、一応うちのわんこくんもちゃんと犬だったみたいですね(笑)

Sponsored Links