Tポイントって何に使うの?そうだ!台湾の地震募金に使おう!

日台友好

こんにちは管理人もこです。もこ
日本の大親友、台湾での大地震のニュースが飛び込んできました。
 

【ニュース速報】
台湾の高雄市で6日AM3:57(日本時間4:57)M6.4の大きな地震がありました。
隣の台南市で16階建てマンションが倒壊するなどの被害があり、大きな被害が出ているとのこと。

 
これを受けてYahoo募金では、緊急支援募金を開始、今回はTポイントでも募金が出来ることもあり多くの方が参加しています。
 
台湾南部地震緊急支援募金(Yahoo!基金)
※Tポイントって何に使うの?と思って使わず貯まりっぱなしの方は、この機会に募金に活かしてみてはいかがでしょうか。

 
『安倍総理のコメント』
「台湾南部において大きな地震が発生し、大きな被害が出ているとの報に接し、大変心を痛めています。亡くなられた方々へのご冥福を心からお祈りすると共に被害に遭われた方に対し心からお見舞い申し上げます。この困難なときに、日本は台湾に必要な支援を何でも供与する用意があります」

Sponsored Links  

【日本と台湾の関係】

 
日本と台湾はとても友好な関係を築いています。

それは昔から今日に至るまで様々な困難に直面した時に、

お互いに助け合い支えあってきた歴史があるからなんです。

 
…といわれても、

なんとなくは知ってるけどピンッと来ない…という方のために、

今回は最近の出来事から遡りながら日本と台湾の支えあいの歴史を見ていきましょう。

 

【支えあいの歴史】

 
1,カラーパウダー爆発事故(2015/6/27)
「台湾」
台湾の新北市にあるテーマパークで、色の付いた粉を来場者に吹きかけていたところ粉塵爆発が発生。多くの負傷者が出たと報道がなされた。

「日本」
医師2名を派遣(状況把握に努め日本からの必要な支援を検討)
富士システムズから火傷に効くシリコンガーゼガーゼ寄贈(あるだけ全部)
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングから治療に使う約21万平方センチ分の人工皮膚を寄贈(約1億円相当)
など、多くの支援が行われた。

全国で募金も行われ「東日本大震災のお返しがしたい」という気持ちも相まって広がりを見せた。

 
2,東日本大震災(2011/3/11)
「日本」
3/11に発生した東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波、およびその後の余震により引き起こされた大規模な災害が発生。

「台湾」
日本にいち早く救援隊を送り込む準備を整えた。が、混乱を極める日本から一時待機を命ぜられ2日後に活動を開始。
総量約560トン(台湾外交部発表)の支援物資の提供があった。
本国ではチャリティー番組がTV放送されるなど、積極的な活動により総額200億円以上の義援金が寄せられた。
(これは東日本大震災のおける世界最大の支援額になったことは言うまでもなく。)

台湾人の「921大地震のお返しがしたい」という気持ちも相まって大きな広がりを見せた。

 
3,台湾921大地震(1999/9/21)
「台湾」
台湾中部の南投県集集鎮付近を震源として発生したM7.6の地震。台湾では20世紀で一番大きな地震が発生。

「日本」
隣国であった日本はどの国よりもいち早く駆けつけ、被災者の救助や支援を行った。

「空港に着くなり即(1秒も休まず)災害現場に駆けつけた」
「派遣規模も合計125人と最大」
「機材は最新鋭で高性能、被災者の発見に貢献した」
「遺体がみつかると発見が遅れたことを詫びて敬礼をする姿」

など、高い評価を得たそうです。

 

【日台友好の歴史】

 
今回紹介したのは1999年から2015年に至るたった16年間の出来事です。

この他にも過去から日本と台湾の友好的なエピソードは数えきれないほどあります。

(戦前台湾が伝染病に苦しんでいた時代があり、日本人が下水道を作ったことで収束した話など)

 
日本人は「恩を仇で返す人」には厳しい態度で接しますが、「恩義を尽くす人」に対してはそれ以上の恩を返すという性質がありますので、そういった意味でも日本は台湾に対して非常に良い印象を持っています。

そして台湾からみた日本も同じように写っているのです。

 
そんな相思相愛の仲である台湾で再び大きな地震に見舞われたとなれば、日本から再び助けの手を差し伸べるべきなのは言わずもがな。

 

【まとめ】

もこ
今回は「Tポイントって何に使うの?そうだ!台湾の地震募金に使おう!」というテーマについて解説しましたがいかがでしたでしょうか。
 
繰り返しになりますが、Yahoo募金はクレジットカードや貯まっているTポイントでも募金が出来ます。
 
台湾南部地震緊急支援募金(Yahoo!基金)
※Tポイントって何に使うの?と思って貯まりっぱなしの方は、この機会に募金に活かしてみてはいかがでしょうか。

 
募金が出来ないという方、お金が全てではないので是非無事を祈って心配していることなどをSNSなどで発信してみましょう。

それが台湾の方の気持ちを癒やし友好に繋がるはずなので。

Sponsored Links