水素水は効果ない!という妨害工作に騙されてはダメ!【プラシーボ効果】

水素水は効果ない!という妨害工作に騙されてはダメ!【プラシーボ効果】

もこ考える
水素水というものをご存知ですか?

お水に水素を多めに混ぜ込み体内の活性酸素を中和すると巷で話題になっています。

・水素水は効果があるのか?

・効果がないのか?

・どうすれば効果を上げられるのか?

心理学の検知からご紹介したいと思います。
 

Sponsored Links  

【活性酸素とは?】

活性酸素は増えすぎると老化の原因となる細胞の酸化を引き起こすともいわれ、細胞の酸化を防止するための対策として抗酸化という言葉が頻繁に騒がれるようになりました。

活性酸素は体内で精製されますが、その原料は主に呼吸で取り込んだ酸素の2%で、ストレスや紫外線、過度な飲酒、喫煙でも増えると言われています。

 
日常生活においては、体内のばい菌や細菌から細胞を守るために必要な成分ですが、ひとたびその量が一定数を超えると、細胞と酸素とが結びつき酸化(老化)の原因となってしまうのです。

 

【水素水の効果は?】

大気中の酸素は水素と結びつき中和され水になります。

これと同じく水素水を体内に取り込むことで、活性酸素が中和され水となって体外へ排泄されるので老化防止、つまり抗酸化の効果が期待できるということなのです。

 

【老化防止以外の効果は?】

活性酸素を除去することで老化防止の他に様々な効果が期待できます。

消化不良、糖尿病の予防、ダイエット効果も期待されるといわれ今、大変注目されているのです。

 
しかし中には水素がほんのわずかしか溶け込んでいないものや、配送の際に水素が抜けてしまうものも、水素がそもそも含まれていないものなど、粗悪な商品も水素水として販売されているのが現状なのです。

水素水

 

本当に水素水は効果があるの?

水素水が効果あるかどうかということで、いえばほとんど効果はありません。

ほんのわずか体の調子が良くなったり、気がつかない程度の健康が手に入るくらいでしょう。

むしろ、そんなものに頼るくらいなら適度な運動をした方がよっぽど健康を維持できるのです。

 
しかし、面白いことに人間には思い込みの力というものが備わっています。

人間の思い込みパワーは絶大

水素水が体に良い

水素水を飲むと消化不良が治る

水素水を飲むと…

と、思いながら飲むことでなぜか胃腸の具合が良くなったり、視界がパッと明るくなった感じがしたりする人がいます。

この現象には『プラシーボ効果』という名前が付けられていて、医療の現場でもしばしば治療に用いられています。

 
例えば、

お腹が痛いときにお世話になる、匂いのキツイ正露丸

あれを飲むと間もなく(実際の薬の効果よりも早く)痛みがひいていくのもプラシーボ効果によるものです。

腹痛→よく効く薬を飲んだ→もう大丈夫

 
上級者になると、あの独特な匂いを嗅いだだけで痛みが和らぐともいわれるので、人間の潜在的なパワーには脅かされるばかりです。

 
水素水は多少の効果はあれども、それは細胞レベルのミクロ単位の話で、人間が実感できるほどの効果はほとんどありません。

しかし、水素水は身体に良いものだと信じて飲むことが出来れば、それはプラシーボ効果と相まって本当に効果のあるものへと変化させることが出来るのです。

・あの水素水はダメだ。

・この水素水は偽物だ。

という雑音に妨害されることなく信じて飲み続けられるひとこそが一番の幸せものではないかと思うのです。

耳ふさぐ

 

【編集後記】

水素水は効果はありません!

といったかと思えば

効果があると信じなさい!

といってみたり矛盾たっぷりでお送りしました。

 
今回は水素水をテーマに上げましたが、本題はプラシーボ効果だったんですね。

(流行り物の方がわかりやすいと思い水素水の話をしました。)

 
ちなみにトクホ製品にもいえることですが、医薬品でない限り身体に絶大な影響を与えることは出来ません。

逆説的にもし絶大な効果や即効性があるなら、それは医薬品として取り扱うことが義務付けられるはずなのです。

 
日常でプラシーボ効果を体感することは問題ありませんが、

思い込み過ぎて散財しないように注意しましょう。


Sponsored Links

 
今回のお話が面白いなと思ったらSNSで拡散お願いします(*‘ω‘ *)