猫の語源は「寝る子」っていうのを写真で解説!


こんにちは管理人もこです。もこ

猫の語源はよく寝る子→寝子→ねこ というところからきているんだとか。

今回はそんな猫の中でも我が家の子猫のみぃ~ちゃんの寝子っぷりを…ウォッチン!


Sponsored Links  

【猫は寝心地の良いところを知っている】

猫は夏場は涼しいところ、冬は暖かいところを探してお昼寝をします。

我が家の猫も例外なく、夏場は涼しいエアコンの下に置いてある椅子の上で寝ています。

 

横から見るとこんな感じ…。
猫の語源は寝る子1
かなりグッスリです。

 

縦から見るとこんな感じ…。
猫の語源は寝る子2
でも実はこれ…
寝相がいい時の姿なんですね。

寝相が悪いとこんな感じ…。
(野生はどこへ…?)
猫の語源は寝る子3
ふにゃ~ん。

それにしても
首は寝ちがえないのかな??
猫の語源は寝る子5
Zzzzzz….

昼間はだいたいこんな感じで、どこかしらで寝てますね。

しばらくすると起きてきてご飯をねだってきたり、

遊んでコールがきますが1時間もするとまた寝ちゃいます。

 

【猫は夜行性だから夜…も寝る】

猫は夜行性だから昼はよく寝ているという理屈はわかりますが、

飼い猫の場合は夜もご主人と一緒に寝るので、かなり睡眠時間が長いです。

もうずっと寝てるイメージw

夜は一緒に寝るので安心しきって…
ご覧のとおり。
伸びる猫
伸びきっちゃってます(笑)

まさに寝子(ねこ)そのものといった感じです。

 

【まとめ】

もこ
今回は「猫の語源は寝る子っていうのを写真で解説!」というテーマについて解説しましたがいかがでしたでしょうか。

は本当によく寝ていますが、はその逆でいつでもかまってちゃん

寝ていてもご主人の足音を聞くと、起きて遊ぼうコールを始めます。

犬と猫

あなたは「ツンデレにゃんこ」と「デレデレわんこ」どちらがお好みですか?

Sponsored Links